Dog Show Debut

RAYが来てから2ヶ月が経ちました。
RAYのドッグショーは私のオーナーハンドでデビューさせる事になりました。
単独展にキアラと出た事はあるものの、あれは単に出ただけだった。
RAYをリードから馴らせるところから始まったドッグショーへの挑戦です。
その前にエントリーだってしなきゃならない、やってみればなんて事は無い
のですが、緊張しちゃいます。張り切り過ぎて失敗・・対戦相手のミックより
先になってしまった。一番始めでは前の人の真似ができない。困ったぞ!

今回の遠征で一番気を使ったのは暑さでした。その為 行きは朝早い便を予約しました。
ドッグショー前日の7:00 羽田発 8:30には千歳に到着。長い一日の始まりです。
空港まで現地のハンドラーさんが迎えに来てくださいました。
そこから犬達を預かって下さる 素敵なドッグカフエもやっているYさん宅へ。
運動場に犬を放して食事を摂らせてからリードをかけて歩かせようとするけれどRAYは動かない
挙句RAYの荷物が入った家から持ってきたバッグの中に入って座っている。
見かねたハンドラーさんがやってみても、RAYは言う事をきかないのです。どうすれば良いんだ。

犬を休ませてから時間があるので小樽を案内して頂きました。
美味しい物を沢山ご馳走になりました。
夕方になってから犬の世話をしにYさん宅に戻りました。
RAYはミックやムーちゃん達と元気に遊ぶのですが
リードをかけて歩かせようとすると動かないのです。
家にいる時は歩いてくれたじゃあないの。

夜になってから到着した人達と合流する。
「RAY君 歩かないの」と思い出すたび口にする私に
「大丈夫だよ。Hハンドラーに頼めば10分で歩くようになるからサ」とみんな言うのです。
でも、私がそんなお願いをしても良いのだろうか?
サラと一緒に東北にいるハンドラーさんに津軽海峡泳いで来い。と言いたくなる。
一人で何でもやるんじゃなかったの?そうだ!弱音は吐かないぞ・・・頑張るゾ

「10分で歩くようにさせる」と言われているHハンドラーは怪物だ。かっこ良い怪物だ。
良く飲むし 食べるし 遊ぶ人だ。
前日もほとんど寝ていない私は、8:30に空港に着いた事が2.3日前のような気がする。
ぼんやりしていると、コックリしてしまう。なのに「ラーメン食べよう」それがAM1:30頃だ。
ホテルに戻ってシャワーを浴びて寝たのが3:00だった。5:00に起床
6:00にコーヒーだけでもと思ったら、皆しっかり朝食を食べている。
「寝る前にラーメン食べちゃったからね」と言いながらしっかり食べている。
餃子も食べてたでしょうが、それに寝る前と言ってもほんの数時間前の事じゃん。
食べるから元気なのか?元気だから食べるのか?   参りました

会場に到着してゼッケンをもらいに行ったり準備をしてから審査開始までにどうにか歩くように
しようと練習を始めたら 「かしてご覧」とHハンドラーがRAYのリードをとって歩き始めた。
結局30分歩いて下さいました。その後RAYと私が何度か歩くのをチェックして下さったのです。
「うしろ、良くなったね」以前うしろが弱いと言われて、私なりに運動させたのが良かったのかな?
とても、うれしい言葉でした。


何でも自分でやってみようと思ったRAYのドッグショーデビューでしたが、沢山の方々の
ご厚意で無事終わる事が出来ました。人の心の温かさを改めて知る事が出来ました。
結果は負けてしまいましたが、心に残る良いドッグショーになりました。
お世話になった皆さん 本当に有難うございました。

2006'8月14日記

RAY君のドッグショーデビューアルバムへ